........attendi qualche secondo.

#adessonews ultime notizie, foto, video e approfondimenti su:

cronaca, politica, economia, regioni, mondo, sport, calcio, cultura e tecnologia.

per le ricerche su Google, inserisci prima delle parole di ricerca:

#adessonews

 

イベント-DO #adessonews

ANNO 2018

10月13 2018 -ポルデノーネ-U.Di.Con。 フリウリベネチアジュリア-‘食糧、領土および経済。 なぜKmゼロを選ぶのですか?

10月5 2018 -ミラノ-ケータリング2018-ダリオドンゴ: ‘GMO:将来の食品の展望? ‘

21 9月2018 -サッサリ-‘ラベル付けから食品の化学汚染物質まで:どのようなニュースですか?

19 9月 -ジェノヴァ-ジェノヴァ大学-第XNUMXレベルの大学修士課程魚および農産物の変換と品質の管理

14 9月2018 -ボローニャ-エミリア・ロマーニャ、マルケ、トスカーナ、ウンブリアの食品技術者の順序-エミリア・ロマーニャ地方-食品技術者のためのセミナー ‘食品に関する消費者情報。 ルール、統制、制裁

30 6月 2018 -ビテルボ-トゥシア大学-ビテルボ県の農業者と林業家の秩序-‘食品に関する消費者情報。 ルール、統制、制裁

6月28 2018 -ナポリ-フェデリコXNUMX世大学-ダリオドンゴ:食品法の教育

6月20 2018 -ウディネ-ウディネ大学法学部-‘タジュス。 食品のeコマース:ルールと機会

6月18 2018 -モデナ-ELSAのサマースクール2018(欧州法学生協会)-弁護士ダリオドンゴ: ‘食品の安全性と消費者向け食品に関する情報

15年2018月XNUMX日- アングリ(サレルノ)-‘食品の表示。 規則、統制および制裁

6月13 2018 -ミラノ-ミラノ大学、FISMA-IAL-食品への副作用に関するIIトレーニングコース-Dario Dongo: ‘アレルゲン成分の表示に関するヨーロッパの法律

6月7-8 2018 -カターニア-シチリア島とサルデーニャ島の食品技術者の順序-食品法ワークショップ

31月2018 -チビタベッキア-ラツィオ州AslRm4-‘EUReg。1160/11に照らした食品表示のレビュー。 コントローラー、オペレーター、コンシューマーの比較‘。

23月2018 -ソンドリオ-Confartigianato-食品ビジネスのためのセミナー ‘EU登録1169/11。 統制と制裁

18月2018 -ラヴェンナ-法と食品安全会議-‘食餌療法の大麻および規制の側面

10月2018 -バーリ-バーリ大学獣医学部ヴァレンツァーノ-‘プレートの手。 予防、文化、食品安全の間のケータリング’。 Avv。DarioDongo:「食品安全と消費者情報」

20-21 4月2018 -ナポリ-フェデリコXNUMX世ナポリ大学、獣医学および動物生産学科-‘組織初年度検査学校

4月10 2018 -ブレシア-労働安全の露出、文化および訓練-会議およびワークショップ。 ダリオ・ドンゴ: ‘食品部門における自主的なシステムと検査の認証

月29 2018 -ウディネ-フリウリベネチアジュリア自治州-‘EU登録625/17。 公式コントロールの新しいフロンティア

月15 2018 -ルッカ-VeganFest-‘食品を含まない:市場、透明性および不正防止規則の権利

2月23 2018 -トリノ-フードジャーナリズムフェスティバル-ダリオドンゴ: ‘ラベルと消費者:善意から混乱まで

ANNO 2017

10月27 2017 -トリノ-トリノのAsl市-正義の宮殿のオーラマグナ-‘regによる公式コントロール。 EU 2017/625‘-Avv。DarioDongo: “輸出入、ラベルおよび認証。 regによる公式コントロールの新しい挑戦。 EU 625/17 ′

22年2017月XNUMX日 -ポルデノーネ-ポルデノーネフェア-フリウリベネチアジュリアの食品技術者の順序: ‘フードインとフードアウト’ -ダリオドンゴ: ‘パーム油」:メディアまたは科学的事例? 近年最も話題になっている脂肪の(本当の)物語

6年10月2017/XNUMX -カタンツァーロ-カタンツァーロ大学-ENPABSUMMERSCHOOL ‘食品、現行法、栄養補助食品に関する消費者情報 -ダリオドンゴ: ‘食品表示-栄養表示-栄養および健康強調表示-食品および消費者の権利‘。

7年8月2017/XNUMX日 -ボローニャ-エンパッド: ‘食品のラベル付け、宣伝、広告に関するトレーニングコース” -ダリオドンゴ: ‘理論から実践まで、食品表示の構築

13 6月 2017 -ローマ-ルイス大学-‘イタリアと中国の間の食品の品質と安全性に関する対話

10 6月 2017 -ボローニャ-フードスクール-国際会議: ‘ビーガンという用語のヨーロッパの法的定義の提案‘-ダリオドンゴ’情報を訂正する消費者の権利

9 / 10 6月 2017 -ローマ-エンパブ-‘食品の表示、宣伝、広告のためのトレーニングコース” –Dario Dongo:’食品に関する消費者情報、一般規則’-‘理論から実践まで、食品表示の構築

26 5月 2017 -レニャーノ(PD)-‘健康な繁殖のためのコンピューター化された動物工学’

25 5月2017 –   セニガリア(AN)-ECM ‘アレルゲンとラベリングの問題にも関連した、公式管理の文脈でのラベリング(Reg。CE882 / 2004)‘。 ダリオ・ドンゴ: ‘規制の枠組みの紹介と一般的な説明’

18マッジョ2017– アオスタ-セールジュゼッペガリアーノ、IZS PLVA、アオスタの複雑な構造とセルマスの併合-ダリオドンゴ:’ラベル。 EUReg。1169/11の完全な発効に照らした一般的な食品表示に関するニュース’; ‘アレルゲン成分と関連情報に焦点を当て、公共施設、食堂、ケータリングで投与される食品にも焦点を当てます「、」成分と添加物の技術データシートの分析「、」栄養および健康強調表示、Reg。CE 1924/06、Reg。UE432/12およびその後の修正、 ‘最も頻繁な間違いと正しい商業情報に必要な注意。 ロジスティクスユニットからパッケージング、販売サイン、ウェブサイト、ソーシャルネットワーク、遠隔販売まで

10月XNUMX日 2017 -ローマ-ルイス・グイド・カルリ大学-食品法の修士-ダリオ・ドンゴ: ‘食品ラベルに関するワークショップ

月31 2017 – ピアチェンツァ-聖心大学-Ccb&カトリック聖心大学-‘SQNPI:統合された生産、革新、持続可能性

ANNO 2016

2年2016月XNUMX日- ペルージャ-ICEAウンブリア-「reg。 1169/11 “

19年2016月XNUMX日- ミラノ-ミラノ商工会議所-「魚部門:ラベリングと規制の更新」-ダリオドンゴ:「サプライチェーンのオペレーター向けのReg。1169のニュース:ボートからテーブルまで」

14年2016月XNUMX日- ローマ-第4回食物アレルギーおよびアナフィラキシー会議-ダリオドンゴ:現在のEU法および「含まれる可能性がある」文書

12年2016月XNUMX日- ローマ-国際食物アレルギーおよびアナフィラキシー同盟の「行動の日のパートナー」-ダリオ・ドンゴ:「規制の展望」

4年2016月XNUMX日- パドヴァ-ASL4:「食品に関する消費者情報」。 ダリオ・ドンゴによる報告

22年2016月XNUMX日- Milan-Green Retail Forum&Expo:「サプライチェーンの透明性と消費財の意識的な選択」。 ダリオ・ドンゴによる報告

24年2016月XNUMX日- ボローニャ-トスカーナとエミリア・ロマーニャの食品技術者の順序。 「食品に関する消費者情報」

21年22月2016日およびXNUMX日 -ミラノ-国際研究所-「UNIEN16636:2015基準に照らして食品業界における害虫管理の影響とビジネスチャンスを理解する」-FAREのDarioDongoによる報告-食品農業要件

月20 2016 –WorldAllergenFood Padova-「私たちはアレルギーを食べていますか?」、FAREの創設者であるDarioDongoによる報告-食糧農業の要件

月16 2016 -アレッサンドリア-ラベル2016、食品ラベルと消費者情報

月8 2016 -ローマ-ICEA-食品に関する消費者情報に関するセミナー

 

ANNO 2015

25年27月2015/XNUMX日、DAM 18″-ミラノ 「アレルギー学と臨床免疫学の継続的な専門能力開発を目的とした第18回実践コース」。

25 / 11 / 2015、ASL of Milan-Veterinary Department-viale Molise 66-20137 Milan(MI)-会議室 「獣医予防部門-ASLミラノコース」。

11 / 12 / 2015、 会議室、c / oパークホテルヴィラアリストン-ヴィアーレセルジオベルナルディーニ355リドディカマイオーレ(LU)、「REG。 1169/2011/EC-REG。 1379/2013/EC。 申請からXNUMX年後:食品のラベル付けと魚製品のトレーサビリティについて、疑問、懸念、側面が依然として明確になっています。

26 / 11 / 2015、 アレッサンドリア商工会議所、セミナー “倫理2015-ラベリング/生産工場/アレルゲン

23 / 06 / 2015、カンポザンピエーロ(PD)、地方保健局15「AltaPadovana」、< まず第一に明確さ。 「消費者情報、EUReg。1169/11およびECReg。1924/06」>>。

18-19/06/2015、ファノ、ASURマルシェ1、 “食品および消費者情報のラベル付け。 新しい規制と適用基準。

16 / 06 / 2015、カンポザンピエーロ(PD)、地方保健局15「AltaPadovana」、< >。

12 / 06 / 2015、ミラノ、ビコッカ大学-サマースクール、「アレルギー性成分と消費者情報、法的な問題。

04 / 06 / 2015、ミラノ、エキスポ2015、< コンペイトビッグイベント: 「消費者の視点:感度とトレンド、製品価値の認識」>>。

30 / 05 / 2015、ナポリ、大学-医学部、 “OA食品検査学校会議“。

24 / 05 / 2015、フェラーラ、アルトロコンスモフェスティバル、 “食べ物が話すとき。 ラベル:大きく書かれ、小さく書かれています。 ラベルの読み方“。

07 / 05 / 2015、ミラノ、研究大学、「食品法に関するワークショップ:消化管詐欺。 

29 / 04 / 2015、フォッジャ、フォッジャとイタロオリエントラレの商工会議所、 “輸出の優先順位:使用の機会とガイド。 消費財のラベル付けと認証。  ヨーロッパ、食品ラベルに関する新しい規則(EU規則1169/2011)。 非EU諸国、認可と認証、製品とラベルの適合性。 国際マーケティングのためのウェブ、ギフト体験に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

28 / 04 / 2015、テルモリ(CB)、ASREM、 “新しい食品表示。 規則1169/2001:適用基準“。

21 / 04 / 2015、 ピアチェンツァ、聖心カトリック大学-AGRISYSTEM、 “一般食品法、フィットネスチェック」。

17 / 04 / 2015、 フェロレートアンティーコ(CZ)、カラブリア-AMB地域、 “キノコ中毒:予防、正しい情報、診断および治療プロセス“。

02-03/04/2015、ジャッレ(CT)、ドルフィンSpA、 “消費者情報と戦略的マーケティングに関する社内トレーニング“。

27 / 02 / 2015、ミラノ、ADAマスター大学(高度な栄養学)、 “食品部門における情報通信“。

25 / 02 / 2015、アスコリピチェノ、ASURマルケ5、 “食品および消費者情報のラベル付け。 新しい規制と適用基準。“。

ANNO 2014

15 / 12 / 2014、ローマ、ASLローマ、 “欧州規則の適用の難しさn。 1169/2011“。

12 / 12 / 2014、トレヴィーゾ。 業界、 “EC Reg。1169/2011、食品に関連する消費者情報“。

11 / 12 / 2014、クレモナ、Qualyfood “食品輸出の問題:使用説明書“。

10 / 12 / 2014、ミラノ、FCSIイタリア、 “インサイトとソリューション。 フードサービス&ホスピタリティにおけるバリューチェーンの作成:文化の創造、経験の共有、機会の開発」。

03 / 12 / 2014、ローマ、ASLローマ、 “欧州規則によって導入された革新n。 1169/2011:立法者を導いた理由。 探求されるいくつかのニュース」。

28 / 11 / 2014、ローマ、Green Line Gruop-FARE、 “食品表示に関するワークショップ-EUReg。1169/11“。

25 / 11 / 2014、ミラノ、CNAロンバルディア-ユニオンビライ-運賃、 “ビールのラベリング 

17 / 11 / 2014、フロジノーネ、CNAフロジノーネ-運賃、 “食品のラベル付けと広告

16 / 11 / 2014、ローマ、Confagricoltura、 “Confagricolturaシステム関係者向けの国際化トレーニングコース“。

07 / 11 / 2014、ミラノ、ユニミブ、 “食品法の一般的な概念」、ミラノビコッカ大学医学部の高度栄養学修士

31 / 10 / 2014、フォルリ、ロマーニャのAUSL、 “食品の新しい表示:EC規則1169/2011 

28 / 10 / 2014、ベルガモ、ASLベルガモ、トレーニングコース: 「REGUE1169/11。 食品に関する消費者情報。 

21 / 10 / 2014、エンポリ、USL11トスカーナカンパニー、 “ラベル表示基準の適用と管理の手順“。

10 / 10 / 2014、トルジャーノ(ペルージャ)、CIPA LAB-FARE、 “スレッドおよび記号によるラベル 

08 / 10 / 2014、 ブリュッセル、EPPグループ、 “ヨーロッパの地域や都市の味を促進し、保護する“。

03 / 10 / 2014、カザレッキオディリノ、ASLボローニャ、 “動物由来の製品の新しいラベリング 

02 / 10 / 2014、ミラノ、R&Cラボ-Agrolabグループ、 “食品のラベリング。 欧州規則1169/2011の実施と、2014年末までに発効する関連する改正。これには、すべての食品生産者と流通業者が関与します。 1169の規制と、生産および流通会社の義務について、新しいコミュニティ規制の準備をしましょう。 

29 / 09 / 2014、ローマ、CNAローマ-運賃、 技術者向け食品表示トレーニングコース

23 / 09 / 2013、バーリ、GS1イタリア、 “食品ラベル:EU規則(1169/2011)“。

13 / 09 / 2014、ローマユニオンビライ-FARE、クラフトビールの発酵祭、 “ビールのラベリング

24 / 06 / 2014、ボローニャ、Indicod-Ecr、 “食品ラベルの必須情報:新しいEU規則の準備をしましょう“。

17 / 06 / 2014、クレモナ、産業協会、 “食品の表示と広告、14年2014月1169日までに変更する内容:EUReg。2011/XNUMX“。

16 / 06 / 2014、パルマ、UPI、「食品のラベリング:EU規則1169/11。 新しいEU規則はありません。 1169/11:プロデューサーとディストリビューターにとってどのような変化がありますか? 栄養と健康強調表示に関する最近の規制“。

10 / 06 / 2014、クレモナ、Qualyfood、「安全性、品質、持続可能性。 食品法(およびその解釈)。 衛生と微生物学。 環境の持続可能性、LCA(ライフサイクルアセスメント)。 < >そしてリコール“。

09 / 06 / 2014、Vizzolo Predabissi(MI)、ASLMI2、 “食品表示:新しいECReg。1169/2011“。

20-21/03/2014、マザラデルヴァッロ、Friomed Srl-Tavola del Mare Srl “食品に関する消費者情報に関するXNUMX日間のトレーニング 

18 / 03 / 2014、ボローニャ、Coop Italia、 “食品に関する消費者情報、regによって導入された革新。 EU 1169/2011“。

13-14/03/2014、パレルモ、CISPA SpA-GEST Srl “食品に関する消費者情報に関するXNUMX日間のトレーニング 

09 / 03 / 2004、ポルデノーネ、FAI、ヨーロッパは養蜂のための新しいフロンティアを開きます “蜂蜜の天然成分から:花粉の定義を変更するとどうなりますか“。

27 / 02 / 2014、ノバラ、AIN、 “食品のラベル付けと消費者情報:新しいヨーロッパの規制“。

12 / 02 / 2014、ミラノ、アソシナ、 “中国-イタリア、食料安全保障に関する同盟“。

22 / 01 / 2014、Dalmine(BG)、FIT-Italia Srl、 “食品表示“。

ANNO 2013

17 / 12 / 2013、ボローニャ、Coop Italia、 “食品に関する消費者情報」。

10 / 12 / 2013、Milan、Il Sole 24 Ore、FORUM FOOD&MADEINITALY。 テイストの企業への旅。 パネル・ディスカッション 「サプライチェーンの工場からテーブルへ< >:気分を良くするための勝利の選択肢“。

18 / 11 / 2013、ミラノ、GS1イタリア/ Indicod-Ecr、 “食品ラベルの必須情報:新しいEU規則の準備をしましょう“。

08 / 11 / 2013、ローマ、FASI-Euractiv.it、EuroProjectトレーニングコース、IFIおよび持続可能な成長基金: “欧州連合の機関-規制手続きと公式文書-欧州委員会と総局-公式および非公式の情報源-ネットワーク、ロビー活動、および組織関係のネットワークの構築。 ヨーロッパおよび国際的な文脈での組織の運営“。

24 / 10 / 2013、トレビリオ、AltiFormaggi、 “ラベリング-新しい規制“。

24 / 10 / 2013、クレモナ、AITA、 “Meat.it-スキャンダルや詐欺の中での食肉部門の栄養的および衛生的な課題。 食肉部門における詐欺:存在する規則と役立つ規則“。

09 / 09 / 2013、ボローニャ、SANA、 “<のための食品のコミュニケーション、宣伝、広告>。 新しいルールと消費者:光と影“。

23 / 07 / 2013、パレルモ、大学、 “農業食物連鎖の管理と品質“。

10 / 07 / 2013、ボローニャ、UNAITALIA、 “食品ラベルと広告、新しいEU規則“。

04 / 06 / 2013、ウディネ、コンフィンドゥストリア、 “接触している食品および材料の新しいラベル付け:このセクターの企業が関心を持つ法律“。

29 / 05 / 2013、OXFAM Italia、フィレンツェ-CISLスタディセンター、 “地域開発と貧困削減のためのツールとしての農業バリューチェーン:どのガバナンスモデルとどの官民パートナーシップか? 

23 / 05 / 2013、運賃、バヴェーノ(VB)、 “コーデックス基準と国内および欧州の食品安全および表示規則との関係」。

08 / 05 / 2013、ARPAシチリア、パレルモ、 “農産業、戦略、コミュニケーションにおける持続可能性“。

6-7/05/2013、Oleificio Barbera、Trapani、 “食品に関する消費者情報“(26時間のトレーニング)。

23 / 04 / 2013、パルマ、CNA Alimentareパルマ、 “食品に関する消費者情報、新しいEU規則。 ギフト、国際市場への新しい道. 食品のラベルと広告、登録によって変わるもの。 EU 1169/2011; 栄養と健康強調表示、登録の間。 EU432/2012および独占禁止法の判決。 贈り物、 www.greatitalianfoodtrade.com、国際市場への新しい方法。“。

08 / 04 / 2013、コモ、コンフィンドゥストリアモンツァブリアンザ、 “食品に関する消費者情報、新しいヨーロッパの規則、戦略的考察“。

27 / 03 / 2013、QSA-Alimentarea、トリノ、 “シリアルチェーン。 私たちが生産するもの、私たちが食べる方法“。

26 / 03 / 2013、クレモナ、ロンバルディア州、 “食品表示:健康に関連する栄養強調表示(R1311)“。

07 / 03 / 2013、レニャーロ、ベネト農業-アグリポリス、 “品質、安全性、持続可能性、ヨーロッパのアグロフードはそれ自体に疑問を投げかけています“。

16-17/04/2013、トリノ、Alimentarea、 “食品のラベリング、プレゼンテーション、広告。 オンラインコミュニケーション、eコマース、遠隔販売、新しいヨーロッパのルール“。

23 / 02 / 2013、 ローマ大学3、 “消費者情報、ラベル、食品の広告。 施行されている規則と規制(EU)によって導入された変更はありません。 1169/2001 “.

14 / 02 / 2013、Wigreen、ミラノ、 “私たちの惑星の老化に対するすべての人の手の届くところにある具体的な解決策“。

ANNO 2012

07 / 12 / 2012、実業家連合、サヴォーナ、 “法律27/2012-第62条。新しい規則へのガイド。 最近の規制が食品の契約および支払いシステムにどのように革命をもたらしたか“。

29 / 11 / 2012、Qualyfood、CremonaFiere、 “食品表示の裏側:食品法における戦略と経験。 衛生学および微生物学; 環境の持続可能性、LCA; 材料と味; 認証基準; トレンド、アレルゲン」。

22 / 11 / 2012、コンフィンドゥストリアコモ、カリマーテ、 “農業食物連鎖における契約と支払いに関する新しい規則“。

09 / 11 / 2012、Local Health Authority 3 Pistoia、 “食品表示:規制の変更に照らした管理当局による介入“。

08 / 11 / 2012、コンフィンドゥストリア、ピストイア、 “アートの応用面。 商取引の規制に関する62。 ホテル部門のニュース“。

05 / 11 / 2012、コンフィンドゥストリア、アレッツォ、 “アートの応用面。 商取引の規制に関する62。 ホテル部門のニュース“。

31 / 10 / 2012、コンフィンドゥストリア、ラヴェンナ、 “アートの応用面。 商取引の規制に関する62。 ホテル部門のニュース“。

30 / 10 / 2012、コンフィンドゥストリア、マントヴァ、 “アートの応用面。 商取引の規制に関する62。 ホテル部門のニュース“。

29 / 10 / 2012、コンフィンドゥストリア、ジェノア、 “取引関係とラベル。 食品会社のニュース“。

22 / 10 / 2012、産業協会、クレモナ、 “農産物の販売のための商取引の民事規制。 食品に関する消費者情報-EU登録番号1169/2011“。

12 / 10 / 2012、Confindustria、ピアチェンツァ、 “農産物の販売規則がどのように変わるか“。

02 / 10 / 2012、Confindustria、Modena、 “農産物の販売および食品に関する消費者への情報に関する商取引の民事規律-EUReg。1169/2011“。

01 / 10 / 2012、コンフィンドゥストリア、フィレンツェ、 “アートの応用面。 商取引の規律に関する62“。

26 / 09 / 2012、NUCE 2012、ミラノ、 “自然からの新しい技術的成分:食品業界への新たな挑戦Tecnoalimenti主催のセッションVillani主催。 天然成分と法律“。

18 / 06 / 2012、ArcoEXPO、ピアチェンツァ、 “食品分野の企業のための研究所“。

15 / 06 / 2012、Federalimentare-NFI、ミラノ、国際会議、 “欧州連合の食品および飲料に関する消費者への情報:強制的なラレリング、自主的な栄養および健康強調表示、および食品および飲料のその他の形態の商業的表示の規制および科学的側面“。

15-19/10/2012、パレルモ大学-DEMETRA学部、 “農業食物連鎖のガバナンス、ロジスティクス、品質のマスター」、15時間のレッスン。

24-25-26/05/2012、ANMVI International、クレモナ、3日間のトレーニングトレーニング、 “食品安全の緊急事態:手順と管理“、実際の家庭教師25.5.12。

21 / 05 / 2012、保健省-ピアチェンツァとクレモナの聖心のカトリック大学、ミシガン大学-AMVI、クレモナと協力して、 “食品安全:法律、コミュニケーションおよび管理「(「危機時の法的リスク管理:生産者の義務と責任」に関する報告」)。

18 / 05 / 2012、R&C Lab Srl、ヴィチェンツァ、 “食品表示。 欧州規則n。 1169/2011“。

16-17/05/2012、ECOD-QSA、Bari、コンベンションQsA食品の品質と安全性、 “表示:食品に関連する消費者情報。 新しいEU規則。“。

19 / 04 / 2012、Unindustria-Federalimentare、ローマ、 “第62条自由化令。 アグロフードチェーンのオペレーター向けニュース“。

17 / 04 / 2012、トリノ、SSA-IIPI、 “食品のラベル付け、表示、広告-消費者への食品情報の提供に関する規則1169/2011 / EU“。

2012年XNUMX月〜XNUMX月、ローマのキャンパスバイオメディコ大学、 “食品科学の統合コース。 食品法。」、16時間のレッスン、2クレジット、最終試験。

30 / 03 / 2012、AIC-FC、フィレンツェ、 “360°でのセリアック病:医学から社会科学および食品技術まで。 セクター食品法:イタリアとヨーロッパのグルテンフリー規則“。

29 / 03 / 2012、GAS、フィレンツェ、「ラベリングと食品安全」。

22 / 03 / 2012、商工会議所、トリノ、 “食品ラベル:何が新しいのですか?“。

16 / 03 / 2012、Confindustria-Federalimentare、Udine、 “食品:ラベルと広告、栄養と健康の適応症、包装材料に関する新しいコミュニティ規則“。

06 / 03 / 2012、ミラノ、UNIPRO、 “栄養補助食品:地域社会および国の規制の枠組み“。

03 / 03 / 2012、ローマ、ASSICA、マスターオン “食品部門のラベリング“。

01 / 03 / 2012、ロッツァーノ、アッシカ、 “食品部門の新しいラベル付け規則“。

14 / 02 / 2012、ミラノ、AIIPA、 “消費者への食品に関する情報の提供に関するEU規則1169/2011の詳細な調査“。

30 / 01 / 2012、ミラノ、MIUR、「学校と食品」プログラム、「農業食品生産と消費者情報の安全性。 食品に関する消費者情報。

24 / 01 / 2012、ローマ、MIUR、「学校と食品」プログラム、「農産物生産と消費者情報の安全性。 食品に関する消費者情報“。

16 / 01 / 2012、ローマ、MIUR、「学校と食品」プログラム、「農産物生産と消費者情報の安全性。 食品に関する消費者情報“。

ANNO 2011

08 / 11 / 2011、ワークショップ、ピストイア、第62条、農産業、園芸および花卉園芸のニュース、ホテル

06 / 12 / 2011、Confindustria、Bari、 “新しいEU規則、導入。 期待されるニュースと期待されるニュース。 新しい栄養表示< >。 ECReg。1924/06の適用に関する最新技術。 製品とその原材料の原産地の表示。 国際協定、ヨーロッパの規制の枠組み、イタリアの法律の間。 

23 / 11 / 2011、パレルモ大学、「農業-食物連鎖のガバナンス、ロジスティクスおよび品質」の修士号。 のレッスン: “食品および飼料(ラベル付けおよび広告)に関する消費者情報:一般規則; 特別なルール“。

22 / 11 / 2011、パレルモ大学、「農業-食物連鎖のガバナンス、ロジスティクスおよび品質」の修士号。 のレッスン: “食品、飼料、材料の衛生と安全性。 「衛生パッケージ」と規制。 ECおよび大臣のガイドライン; マニュアルと図“。

21 / 11 / 2011、パレルモ大学、「農業-食物連鎖のガバナンス、ロジスティクスおよび品質」の修士号。 のレッスン: “食品法:情報源と一般原則; サプライチェーンのオペレーター。 警告システム; 機関および団体“。

17 / 11 / 2011、ローマ、 “ルールに従って持続可能性を伝える

24 / 10 / 2011、ミラノ、 “食品安全、事業開発、消費者の信頼:公益を保護するための食品サービスコンサルタントのスキル“。

22 / 10 / 2011、パレルモ、シチリア実験動物予防研究所、 “食品の安全と健康のための認定“。

18 / 10 / 2011、ミラノ、AlimenService、 “消費者への食品情報に関する新しいEU規制“。

14-15/10/2011、ピアチェンツァ、聖心カトリック大学、 “食品の革新、法の革新。 農産食品セクターの課題への学際的アプローチ“。

27 / 09 / 2011、ミラノ、 “健康的な選択栄養における消費者行動の形成“。

09 / 09 / 2011、ミラノ、民主党、 “地球に餌をやる:エキスポ2015のアイデア“。

06 / 06 / 2011、クレモナ、 “食品安全の緊急事態:手順と管理。 危機管理のためのEC規則178/2002の実用化“。

5-9/06/2011、ピアチェンツァ、聖心カトリック大学、「国際食品法の短期コース」。

27 / 05 / 2011、東ピエモンテ大学、 “食品法の上級トレーニングコース“。

20 / 05 / 2011、ピサ大学、 “神話、詐欺、神話の中でのXNUMX千年紀の食べ物“。

14-17/05/2011、ローマ、INRAN-TRUEFOOD、 “食品ラベルと栄養。 栄養表示:現在のEU規則と改訂草案。 食品の健康に関する栄養強調表示:新しいEU規則。 実践セッション:健康/栄養強調表示、実際には食品ラベルと広告“。

13 / 05 / 2011、クレモナ、 “食品法の2番目の「マスター」コース。 存在することとなることの間の食品に関する消費者情報“。

05 / 05 / 2011、パルマ、エフサ、「食品安全ワークショップ」。

 20 / 04 / 2011、トレヴィーゾ、Unindustria、 「食品に関する消費者情報、存在することとなることの間」。

12-13/04/2011、トリノ、SSA-IIPI、 食品のラベリング、プレゼンテーション、広告“。

11 / 04 / 2011、クレモナ、ARCOEXPO、「食品セクター企業のための研究所。 環境ラベル:すべての企業にとっての機会」。

07 / 04 / 2011、 ミラノ、NutriMI、 「5年第2011回実用栄養国際フォーラム .

31 / 03 / 2011、ナポリ、産業別労働組合、 “集団ケータリング:監視だけではありません“。

21 / 03 / 2011、ミラノ大学、 “食品安全と消費者情報:既存の規則と展望“。

09 / 03 / 2011、ウディネ、コンフィンドゥストリア、 “食品安全:最新技術、必須規則、および新しいFSSC22000認証スキーム“。

22 / 02 / 2011、ローマ、保健省、 “食品< >ダイエット製品と一般的に使用される食品の間“。

ANNO 2010

29 / 11 / 2010、クレモナ、 “食品セクター会社のための研究所。 食品安全:義務的および自主的な規制の進化」。

22 / 11 / 2010、クレモナ、 “食品セクター会社のための研究所。 消費者情報:最先端 .

28 / 10 / 2010、クレモナ、Federalimentare “領土協会との連邦会議。 食品安全“。

19 / 04 / 2010、アンカラ、 “EU環境法に由来するトルコの食品部門の近代化ニーズに対する意識向上活動“。

16 / 04 / 2010、サロンノ、PVM、 “栄養および健康強調表示に関するEC規則1924/2006。 EUレベルでの現在の立法状況食品業界の重要な側面と展望 .

09 / 04 / 2010、ローマ、キャンパス “消費者情報“。

25 / 03 / 2010、レッジョディカラブリア、コンフィンドゥストリア、 “財を販売するための法律、マーケティング、および管理の要素“。

12 / 03 / 2010、フィレンツェ、欧州大学研究所, 食品安全と国境を越えた私的規制食品安全私的規制と産業への影響“。

18 / 03 / 2010、ローマ、生物医学キャンパス大学、「食品安全」。

08 / 02 / 2010、クレモナ、Alimentart、「食品セクター企業のための研究所。 食品中のアレルギー性成分とグルテン:ラベル付け、分析、リスク管理」。

02 / 02 / 2010、ウディネ、アシンダストリア、 “食品のラベル付けと広告、最先端“。

ANNO 2009

11 / 12 / 2009、バリ、コンフィンドゥストリア、 “栄養表示と革新:法律、研究、品質の要素“。

02 / 12 / 2009、クレモナ、Alimentart、 “食品セクター会社のための研究所。 ラベル:栄養的および機能的な内容“。

23 / 11 / 2009、クレモナ、Alimentart、 “食品セクター会社のための研究所。 ラベル:トレーサビリティと原材料の起源」。

05 / 11 / 2009、トレヴィーゾ、Unindustria、 “イタリア一緒に:世界の未来を養う…ベネトの場合。 村の足、世界の頭“。

28 / 10 / 2009、Bolzano、Assoimprese Alto Adige、 “食品安全:リスク管理、アラート、および責任プロファイル:規制および運用の側面. 

9月2009、ジェノヴァ大学、 “典型的な領土および海産物の品質と食品安全の管理のための技術的応用の専門家“。

11 / 06 / 2009、ミラノ、Tuttofood、 “イタリアの食品産業と機能性食品:伝統は幸福をもたらす“。

29 / 05 / 2009、ノバラ、コンフィンドゥストリアピエモンテ、 “消費者情報、貯蔵寿命、革新的なパッケージング:食品セクター向けの最先端の法律とソリューション“。

20 / 05 / 2009、ローマ、UIR、 “イタリアの食品会社。 ヨーロッパにおける状況と開発の見通し。 食品安全。 消費者情報、プロモーション“。

13 / 05 / 2009、アンカラ、 “AB ve Turkiye Uygulamalari“。

08 / 05 / 2009、クレモナ、AITA-カリパルマ、 “食品法のトレーニングコース すべてのオペレーターが必要 安全、ラベリング、生産および貿易の分野における食品産業“。

04 / 05 / 2009、ナポリ、Truefood、「イタリアの食品産業と機能性食品:伝統は幸福をもたらす」。

30 / 04 / 2009、ミラノNFI、第2回国際会議 “栄養および健康強調表示に関する規則(EC)1924/2006。 最近の開発“。

31 / 03 / 2009、ローマ、ラサピエンツァ大学、 “食品および飲料用のRFIDテクノロジー“。

11 / 03 / 2009、ベオグラード、 “EUの食品産業と市場:セルビア経済への影響

15 / 01 / 2009、ボローニャ、Unindustria、 “食品安全。 オペレーターの公式管理、義務と責任、危機管理“。

15 / 01 / 2009、ボローニャ、コンフィンダストリアエミリアロマーニャ、 “食品の安全性と消費者情報に関するヨーロッパの法律の最近の進展“。

ANNO 2008

11 / 12 / 2008、ヴェローナ、コンフィンドゥストリア、 “食品に関する消費者情報、最新情報、改革“。

09 / 12 / 2008、ペルージャ、Confindustria Umbria、 “食品安全:オペレーターの公式の管理、義務および責任。 危機管理“。

01 / 12 / 2008、トリノ、Biolab、 “規則2073と食品産業におけるその適用“。

28 / 11 / 2008、アレッツォ、 “ヘルスケアにおけるリスク管理フォーラム“。

21 / 11 / 2008、クレモナ、 “第3回食品法務フォーラム。 ラベリングの進化の見通し(コミュニティ規制に関するごく最近の提案)“。

20 / 11 / 2008、クレモナ、AIC、 “食品の安全性と消費者情報、最新情報と改革“。

18 / 11 / 2008、アンカラ、 “食品安全およびラベリングシステムに関するグローバルアプローチ“。

02 / 10 / 2008、ブリュッセル、CIAA、 “消費者への食品情報:EUの規則と展望“。

16 / 10 / 2008、ローマ、 “食品に関する消費者情報、最新情報、改革“。

27 / 10 / 2008、スコピエ、マケドニア、CERM、 “食品産業セミナー“。

24 / 06 / 2008、ウディネ、アシンダストリア、 “食品の安全性と消費者情報、最新情報と改革“。

11 / 06 / 2008、ローマ、イタリア予防獣医学会、 “すべてのためのXNUMXつの監査…XNUMXつの監査のためのすべて-食品部門の当事者は互いに対峙します“。

08 / 06 / 2006、ミラノ、Assolombarda、 「ホテルと食品サービス:衛生と安全、アレルゲン、リスク管理。 1年2006月XNUMX日から施行された新しいコミュニティレジーム」。

07 / 05 / 2008、パルマ、Sistal-Simtrea、 “消費者の幸福のための機能性食品:伝統の革新“。

14 / 05 / 2008、プロブディフ、ブルガリア、CIAA-Phare、 “レベリングセミナー: 表示に関するEU食品法の一般原則と要件“。

06 / 05 / 2008、ブカレスト、CIAA-Romalimenta、「食品安全および食品法セミナー。 ヨーロッパの食品法の一般原則と要件-過去、現在、未来の課題。 衛生パッケージ:新しい一連のEC規制をフードチェーン全体に適用する必要があります。 EUのルーマニア食品法への言及。 転置/実装。」

4月2008、ミラノ、アリンプレサ、 “ECコミュニティ指令2004/41の承認、および食品衛生と企業の自制の分野における新しいペナルティパノラマ。 法令193/2007および指令2004/41ECの転置:衛生および食品生産の公式管理に関する法律の改革の完了の光と影“。

16 / 04 / 2008、イスタンブール、CIAA、 “業界および規制の枠組み。 食品の安全性と産業活動の管理のための重要な実施ポイント。 2007年の衛生パッケージ:食物連鎖全体に対する新しい一連のEC規制。 責任オペレーター、トレーサビリティ、危機管理とコミュニケーション、HACCP。 欧州食品産業のGMP、食品安全に関する自主的なシステムと基準(ISO 22000、BRCグローバルスタンダードフード、IFSインターナショナルフードスタンダード、GFSガイダンスI)“。

15 / 04 / 2008、サラエボ、 “一般的な食品法、EUにおける食品安全に関する基本的な規則(オペレーターの責任、トレーサビリティ、リスク管理)。 理論から実践まで、食品製造会社に推奨される手順。 衛生パッケージは、フィールドからテーブルまで、フードチェーン全体に適用される新しい一連のEC規制です。 オペレーターと監督当局の間の新しい関係。 食品に関する消費者情報の新しい視点、業界の自主規制、栄養表示に関するガイドライン、新しい規制に関する委員会の提案。 理論から実践まで、ラベルの記入方法(ワークショップ、ケーススタディ)。 栄養と健康の主張、食品の美徳とその物質/成分を商業情報で伝える方法(Reg。CE。N. 1924-1906、CEおよび業界ガイドライン)。 食品へのビタミン、ミネラル、その他の物質の添加(Reg。CE。N. 1925-1906)。 理論から実践まで、食品や広告ラベルに栄養と健康強調表示を使用する方法(ワークショップ、ケーススタディ)“。

09 / 04 / 2008、クレモナ、AITA、「食品品質の短期「マスター」コース」。

07 / 04 / 2008、トレヴィーゾ、Unindustria、 “大規模小売業との関係の管理“。

19 / 02 / 2008、クレモナ、実業家連合、 “食品の安全性、食品のラベル、広告、栄養、健康強調表示。 アップデート“。

ANNO 2007

6-7/12/2007、パレルモ、農学部、 “農産食品の品質のマスター」、食品法に関する16時間のレッスン。

26 / 11 / 2007、クレモナ、 “食品法。 2007年に変更されたもの。2008年に変更されるもの“。

28/11-1/12/2007、アレッツォ、II°健康におけるフォーラムリスク管理、 “患者の安全への技術の応用“。

29 / 10 / 2007、ボローニャ、Unindustria、 “イタリアの食品産業“。

24 / 09 / 2007、ウディネ、 “栄養と健康の兆候、栄養強化。 1年7月2007日から適用されるEC規制“。

26 / 06 / 2007、Milanofiori-Rozzano(MI)、ASS.I.CA。、 “栄養問題と消費者情報“。

15 / 06 / 2007、クレモナ、 “国際および健康強調表示に関する新しい規制“。

28 / 05 / 2007、トリノ、ピードモント地域、 “安全の職業。 予防技術者:複雑さのためのリソース“。

15 / 04 / 2007、ローマ、Cibus、 “食品安全:企業向けの最新情報。 食品の熱処理後の化合物の形成“。

30 / 03 / 2007、ミラノ、イタリア科学研究研究グループ、 “栄養と健康の兆候、食品の強化。 1年2007月XNUMX日から適用されるEC規制“。

16 / 03 / 2007、COOPセミナー: “食品ラベルと広告。 原則、ルール、機会 .

ANNO 2006

12-13/12/2006、ポルト、TRUEFOOD、ポルトガルカトリック大学バイオテクノロジー高等学校(ESB)、 “食品および飼料の安全性に関する欧州法“。

24 / 11 / 2006、Fossanova、Confindutria-Frosinone / Latina、 “立法調整と品質基準の間の食品安全“。

24 / 10 / 2006、ジェノヴァ、大学修士」食品管理の技術“。

20 / 10 / 2006、モデナ、 “コミュニケーションはリスクですか?“。

04 / 10 / 2006、ミラノ、アリンプレサ、 “トレーサビリティと製品の撤退:法令190/06に基づく法的義務と制裁“。

10月2006″食品の安全性とビジネスリスク。 強制的な規制と自主的な規制の間で考えられる解決策。 衛生パッケージとその後の開発、責任、およびビジネスリスク“。

31 / 06 / 2006、ヴェローナ、ヴェロネージグループ、 “食品、栄養、健康強調表示に関する消費者情報“。

28 / 06 / 2006、 「アレルゲンと新しいラベルの指令。 1年2006月XNUMX日から施行された衛生と安全の分野における改革“。

19 / 06 / 2006、クレモナ、AIC、 “1年2006月XNUMX日以降に施行された新しいヨーロッパの食品安全規則“。

01 / 06 / 2006、ボローニャ、 “食品安全に関する新法(衛生パッケージ)、特に農業部門、輸送および保管に関連して“。

27 / 04 / 2006、ウディネ、アシンダストリア、 “Lアグリフードチェーン内の製品の安全性について:I)衛生パッケージ(1.1.06から有効)。 II)リスク管理と責任プロファイル。 III)ISO 22000規格(1.9.05で公開)“。

17 / 06 / 2006、ミラノ、薬局大学、 “新しいアレルゲン指令“。

06 / 05 / 2006、パルマ、CIBUS、 “大規模流通における新しい食品安全基準。 サプライヤー認証基準の大規模な配布と進化の保証要件 .

31 / 03 / 2006、リミニ、CCPB(有機生産管理コンソーシアム)、 “食品安全と消費者情報、ヨーロッパの規則の枠組み“。

29 / 03 / 2006、ローマ、サーメット、 “ISO22000と食品安全“。

23 / 03 / 2006、ミラノ、イタリア科学研究研究グループ、 “食品の衛生と安全。 立法ニュース、管理および運用上の提案“。

14 / 03 / 2006、トリノ、 “食品の衛生に関する水平衛生法“。

09 / 03 / 2006、フィレンツェ、「食品の安全と衛生に関する新しい規制を適用する方法。 衛生パッケージとその適用のためのガイドライン」。

07 / 03 / 2006、ブリュッセル、コンフィンドゥストリア、 “ヨーロッパの機関に対するロビー活動“。

17 / 01 / 2006、パルマ、パラッツォソラーニャ、 “ラベルの質問。 ますます厳しくなる衛生基準:EU指令“。

ANNO 2005

9月2005、カラブリア、コンフィンドゥストリア、 “ラベルと広告:原則とルール“。

05 / 07 / 2005、フォッジャ、商工会議所、 “食品事業の制約と機会“。

27 / 06 / 2005、パルマ、商工会議所、 “食品事業の制約と機会“。

22 / 06 / 2005、ウディネ、産業協会、 “食品事業の制約と機会“。

17 / 06 / 2005、パレルモ、商工会議所、 “食品事業の制約と機会“。

09 / 06 / 2005、アオスタ開発センター、 “トレーサビリティ、アレルゲン、衛生パッケージ“。

08 / 06 / 2005、トリノ、産業別労働組合、 “法的な制約と機会の間の安全性と品質“。

07 / 06 / 2005、ラツィオ、コンフィンドゥストリア、 “ラベルと広告:原則とルール“。

27 / 05 / 2005、ウンブリア、コンフィンドゥストリア、 “法的な制約と機会の間の安全性と品質“。

09 / 05 / 2005、トレヴィーゾとヴェネツィア産業協会、 “ラベル、アレルゲン改革」。

27 / 03 / 2005、Catanzaro、Federalimentare、 “食物連鎖:アレルゲン指令と新しいラベル。 1年2006月XNUMX日から施行された衛生と安全の分野における改革“。

07 / 03 / 2005、エミリア・ロマーニャ、コンフィンドゥストリア、 “食品の安全性とコンプライアンス違反の管理“。

25 / 02 / 2005、マントヴァ、商工会議所、 “食品ラベルと広告“。

23 / 02 / 2005、レッチェ、アシンダストリア、 “EC規制n。 178/02“。

18 / 02 / 2005、Roma Tre、大学、 “地域法のマスター:食品法の原則、消費を規制するためのツール 

11 / 02 / 2005、トリノ、農学部大学、 “EC規制n。 178/02“。

29 / 01 / 2005、ジェノヴァ、腫瘍学および生物工学の大学、 “食品安全、EC規制番号178/02“。

21 / 01 / 2005、リグーリア、コンフィンドゥストリア、 “不適合のセキュリティ、トレーサビリティ、および管理“。

ANNO 2004

22 / 12 / 2004、ラヴェンナ、アシンダストリア、 “不適合のセキュリティ、トレーサビリティ、および管理“。

17 / 12 / 2004、サルデーニャ、コンフィンドゥストリア、 “不適合のセキュリティ、トレーサビリティ、および管理“。

14 / 12 / 2004、プーリア、コンフィンドゥストリア、 “不適合のセキュリティ、トレーサビリティ、および管理“。

03 / 12 / 2004、ピエモンテ、コンフィンドゥストリア、 “不適合のセキュリティ、トレーサビリティ、および管理。 詳細に定義されるプログラム“。

25 / 11 / 2004、マルシェ、コンフィンドゥストリア、 “不適合のセキュリティ、トレーサビリティ、および管理。 GMO“。

19 / 11 / 2004、トレヴィーゾとヴェネツィア、産業協会、 “不適合のセキュリティ、トレーサビリティ、および管理。 GMO“。

03 / 11 / 2004、カラブリア、コンフィンドゥストリア、 “不適合のセキュリティ、トレーサビリティ、および管理“。

29 / 10 / 2004、ウンブリア、コンフィンドゥストリア、 “不適合のセキュリティ、トレーサビリティ、および管理“。

25 / 10 / 2004、イタリア科学研究研究グループ、 “欧州食品安全機関“。

14 / 09 / 2004、トスカーナ、コンフィンドゥストリア “トレーサビリティ、ラベリング“。

18 / 06 / 2004、サッサリ、産業協会、 “食品表示 

17 / 06 / 2004、ヌオロ、産業協会、 “EU食品法における安全性、トレーサビリティ、トレーサビリティ“。

31 / 05 / 2004、コンフィンドゥストリアマルシェ、 “EU食品法における安全性、トレーサビリティ、トレーサビリティ“。

27 / 05 / 2004、イタリアビタミン研究所、 “農業食物連鎖における安全性、トレーサビリティ、品質 

22 / 04 / 2004、ローマ、産業別労働組合、 “EU食品法における安全性、トレーサビリティ、トレーサビリティ“。

05 / 04 / 2004、クレモナ、産業協会、 “セキュリティ、トレーサビリティ、トレーサビリティ。 GMO:トレーサビリティとラベリング“。

22 / 03 / 2004、パルマ、産業別労働組合、 “GMO:トレーサビリティとラベリング“。

30 / 01 / 2004、フィレンツェ、産業協会 “食品表示“。

ANNO 2003

27 / 11 / 2003、ローマ、内部「GMO」科学セミナー。

06 / 10 / 2003、アスコリピチェノ、産業協会、 “食品表示“。

07 / 07 / 2003、ラヴェンナ、産業協会、 “食品表示、Reg。 PDOおよびPGIのCE“。

03 / 07 / 2003、フロジノーネ、産業協会、 “食品表示、Reg。 PDOおよびPGIのCE“。

06 / 05 / 2003、フィレンツェ、産業協会、 “ECReg。N。 178/02、イタリア憲法のタイトルVの改革、新しい登録。 PDOおよびPGIのCE“。

ANNO 2002

18 / 07 / 2002、ボローニャ、形成的会議 “食品表示“。

Clicca qui per collegarti al sito e articolo dell’autore

“https://www.foodagriculturerequirements.com/ja/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/”

Pubblichiamo solo i migliori articoli della rete. Clicca qui per visitare il sito di provenienza. SITE: the best of the best ⭐⭐⭐⭐⭐

Clicca qui per collegarti al sito e articolo dell’autore

La rete Adessonews è un aggregatore di news e replica gli articoli senza fini di lucro ma con finalità di critica, discussione od insegnamento, come previsto dall’art. 70 legge sul diritto d’autore e art. 41 della costituzione Italiana. Al termine di ciascun articolo è indicata la provenienza dell’articolo. Per richiedere la rimozione dell’articolo clicca qui

Per richiedere la rimozione dell’articolo clicca qui

La rete #dessonews è un aggregatore di news e replica gli articoli senza fini di lucro ma con finalità di critica, discussione od insegnamento,

come previsto dall’art. 70 legge sul diritto d’autore e art. 41 della costituzione Italiana. Al termine di ciascun articolo è indicata la provenienza dell’articolo.

Il presente sito contiene link ad altri siti Internet, che non sono sotto il controllo di #adessonews; la pubblicazione dei suddetti link sul presente sito non comporta l’approvazione o l’avallo da parte di #adessonews dei relativi siti e dei loro contenuti; né implica alcuna forma di garanzia da parte di quest’ultima.

L’utente, quindi, riconosce che #adessonews non è responsabile, a titolo meramente esemplificativo, della veridicità, correttezza, completezza, del rispetto dei diritti di proprietà intellettuale e/o industriale, della legalità e/o di alcun altro aspetto dei suddetti siti Internet, né risponde della loro eventuale contrarietà all’ordine pubblico, al buon costume e/o comunque alla morale. #adessonews, pertanto, non si assume alcuna responsabilità per i link ad altri siti Internet e/o per i contenuti presenti sul sito e/o nei suddetti siti.

Per richiedere la rimozione dell’articolo clicca qui

 
Richiedi info
1
Richiedi informazioni
Ciao Posso aiutarti?
Per qualsiasi informazione:
Inserisci il tuo nominativo e una descrizione sintetica dell'agevolazione richiesta.
Riceverai in tempi celeri una risposta.